読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webカメラの利用

現在、数多くのWebカメラが出回っており、家やオフィス、デパートや駅などの市街地だけでなく、各地の観測データや気象情報、あるいは、道路状況等など画像を必要とするあらゆる場所や分野で利用されています。

特に、市街地や高速道路では、人物画像等のデータが犯罪捜査に役だっています。しかし、その反面、プライバシーや肖像権の問題が発生する危険性も孕んでおります。

Webカメラを使うと、簡単に自分の顔画像を相手に送ることが可能で、現在では、Yahoo!、 メッセンジャーGoogle Talkなどを利用して行うことが出来ます。

また、PCユーザーの間では世界中でビデオチャットが広まっており、Webカメラの動画がYouTube等に投稿されていて人気を博しております。

さらに、最近の携帯電話技術の発達には目を見張るものがあり、コンピュータやインターネットを利用することなく、Webカメラで撮影した画像を世界中でリアルタイムに見ることができるようになりました。

例えば、FOMA携帯電話だけで複数のカメラを遠隔操作して、それぞれの映像や音声を、リアルタイムでモニターが出来るシステムが開発されております。

日常生活におけるアトピー対策