こんな精密審美歯科で治療しょう

精密審美歯科では、20~30年長持ちする歯を作るために様々な拘りで治療を行っています。

たとえば、従来の治療では歯を削って被せ物をした際にその隙間にプラークがたまって細菌感染による虫歯や歯周病の原因となります。

そこで、隙間による二次的な虫歯などを防ぐため、マイクロスコープを使用して従来の治療では見つけられなかった細かな隙間も見逃さずに治療することが出来たり、虫歯も必要最低限に削ることが可能なのです。

精密審美歯科を選ぶにあたってのポイントは、

■.当然のことながら、マイクロスコープや顕微鏡を使用して精密な治療をしている

■.仮歯をきれいに作って、最終的なセラミックの形の参考にすることができる

■.オールセラミック治療を行っており、自然な透明感の歯が入る

■.歯茎の再生・整形を行っており、歯茎の位置や歯の大きさを左右対称にすることができる

■.歯並びの治療に選択肢がある

■.症例写真が充実している

■精密.審美歯科の値段が相場より少し安い程度で、無理のない値段設定になっている

と言ったところでしょうか。

生命保険会社の経営基盤を判断する指標