年を取ると加齢臭に注意

年齢を重ねるに従い、否応なく、若い時には出ていなかった加齢臭が出てくるようになります。

この臭いは、キツイ人もいれば全く加齢臭を感じない人もいますが、職場において、若い人が同じ空間に入る場合は、この加齢臭は大敵です。20代や30代の人は、特にニオイに敏感だからです。

セクハラとかパワハラは、下手をすると訴えられてしまいますが、スメルハラスメントは、まだそこまで言っておりません。しかし、陰で何を言われているかわかったものではありませんし、なにげなく、あなたからを避けるようになります。

そうすると、満足なコミュニケーションをとることもままならなくなります。

仕事をうまくこなしていくためには、コミュニケーションを図ることは非常に大切なことです。そのためには、清潔を心がけ、加齢臭対策を日頃から行っておくことが大切です。

特に、スキンケアが重要です。口臭対策には、毎日歯を磨いたり、時にはガムを噛んだりしますが、スキンケアには、お風呂に入ってしかり身体を洗い、汗などを流しましょう。

また、加齢臭用のシャンプーやボディソープを使ってみる、あるいは、加齢臭用のサプリメントを摂るなどして、身体の清潔を保つことが大切です。

ワキガ対策