帆布バッグの手入

帆布や革部分が水に濡れたり強く搾ったりすると、シミとか色落ちの原因となります。特に、汗や雨等の湿気を含んだ状態で衣類と極度の摩擦が生じる場合は注意が必要で、色移りしてしまうおそれがあります。

このため、帆布バッグが濡れた時は、乾いた柔らかい布で速やかに軽く叩くようにして水分を取り除いた後、通気性の良い場所で陰干しします。ただ、熱に弱いので急激な熱乾燥は避けましょう。

帆布部分が汚れてしまうと完全に除去することは出来ませんが、洋服ブラシ等による手入れと、軽く消しゴムで搾ると少しは良くなります。

革部分は革専用のクリーナーを使用しましょう。なお、染色製品は汚れが目立ちやすいので、目立たない所で一度試してからやりましょう。

金属部分に手垢等が付いたまま放置すると、錆びや変色等の原因になりますので、使用後は乾いた柔らかい布で拭きましょう。防虫剤や除湿剤の使用にあたっては、バッグに直接触れないようにします。

また、重ね置き(特に異素材製品との密着状態)や高温多湿、光の当たる場所での保管は避けましょう。

お金が貯まる風水財布とは