骨の役割と骨粗しょう症について

骨には、「カラダを支える柱の役目」「大切な臓器を外部の衝撃などから守る」「カラダの機能を調節するカルシウムを蓄えて供給する」「骨髄で血液を作る」という重要な役割があります。

また、骨は肌の細胞と同様に、古い骨を壊し(骨吸収)、新しい骨(骨形成)に作り替えるという新陳代謝を繰り返すことによって、骨本来の強さやしなやかさを保っております。

これを「骨のリモデリング」と言いますが、骨の吸収には約6週間、骨形成には約4ヵ月の期間が必要だと言われております。

しかし、過度のダイエット、偏食による栄養不足、不規則な生活やストレスで女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、骨量が減って骨吸収と骨形成のバランスが崩れてしまうと、これが、骨粗しょう症の原因となります。

また、スナック菓子やお菓子、ファストフード、インスタント食品が好きな一方で、野菜や海草が嫌いで、欠食、ほっそりしている若い女性は、一般的に骨密度が低下している傾向あるそうです。

骨粗しょう症は、自覚症状が殆ど無く、骨折や腰痛になって初めて、気が付いたというケースが多く、その時には、すでに遅しという怖い病気なのです。

酵素ダイエットのメリット