紫外線による日焼け止めの方法は?

紫外線は、皮膚がん、肌の光老化、免疫力低下など体に悪影響を及ぼします。特に、紫外線のUVBを過度に浴びた日焼けは、肌の表皮に大きなダメージを与えてシミ・そばかす、シワやたるみの原因となります。

このように、肌の老

化や荒れの原因となる紫外線から肌を守るためには、日焼け止めは欠かせません。 しかし、敏感肌や刺激に弱い肌の人には、日焼け止めに含まれている紫外線防止成分の「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が肌トラブルを引き起こすこともあります。

また、水や汗に強い日焼け止めには化学合成成分が多く含まれている場合が多く、これが、肌の皮脂分泌に悪影響を与えて、肌を乾燥させてしまうこともあります。

日焼け止めのパッケージには、「SPF」とか「PA」の数値が記載されております。

SPFは、UVBによる赤い日焼けが発生するまでの時間をどれだけ先延ばしできるかを表しており、PAは、UVAによる肌の奥のコラーゲンやエラスチンなどを破壊してシワやたるみを作る日焼けをどの程度防ぐかを示しております。

日焼け止めを選ぶポイントとして重要なことは、SPFPAの数値と、配合成分をしっかりとチェックすることです。

成分表示にたくさんの成分が表示されている商品は、一般的にアレルギー反応を起こす可能性が高いので、敏感肌の人は配合成分がシンプルなものを選ぶことをお勧めします。

エステティックとは