サウナのルーツと効用

一日間仕事が終わってホットした時、皆さんは、まずなにを考えますか。

 

日本人なら真っ先に、風呂に入ってスッキリしたいと考えるのではないでしょうか。

 

それほど、日本人にとつてお風呂は、切っても切れない関係があります。

 

もう一つ、好きなのは、サウナでしょう。


温泉やスーパー銭湯などには、必ずと言って良いほど、この「サウナ」が併設されております。国際サウナ協会の定義では、「木でできた部屋」「石積みストーブ」「ロユリュ」の3要素が揃ったものをサウナとしています。


サウナの発祥の地は、白夜の国フィンランで、今からおよそ2000年前に生まれたといわれております。太陽が出ている時間が短く、寒さが厳しい気候の中で、労働の疲れを癒すためには、これが最適の方法だったのでしょう。


日本には、1963年頃に伝わりました。現在では、サウナ愛好家は1000万人を超すと言われているほどです。


サウナの種類は、蒸気浴、釜風呂、蒸気函 浴、熱気浴、フィンランドサウナなど、多くの種類があります。


その効用は、疲労回復やストレス解消、血圧低下や肩こり解消、安眠効果や自律神経の調整などがあります。このように、サウナは疲労を解消したり自律神経を整えたりするため、免疫力を高め、風邪などの病気にかかりにくくなるようです。

 

チャットで好みのタイプの女の子を見つける