腸の働きには水分補給

適度な水分補給は、お腹のためにも必要なのです。ベストな便の水分量は70~80%です。


ちょっと意外な感じがしますが、スムーズなお通じのためには水分が必要なのです。この水分が足りないと、便は硬くなって腸の中を移動しにくくなるうえに、便意も起こりにくくなってしまいます。


水分は便を軟らかくして通りを良くしてくれるだけでなく、腸の中をきれいに掃除してくれる役割もあるのです。


このため、1日1.5~2リットルくらいの水分を摂るように心がけましょう。

 

まず、朝は、起きぬけにコップ1杯のお水を飲みましょう。そうすると、腸が刺激されて排便への合図になります。

また、水分補給と同時に、冷え対策や代謝アップなどの観点から温かい水分を摂るというのもオススメです。


例えば、食事にスープやお味噌汁など水分を多く摂れる温かい一品を加えると手軽です。

しかし、水分といっても、ジュースや清涼飲料水の飲み過ぎは、糖分やカロリーの摂り過ぎになったり、身体を冷やしたりするのでほどほどにしましょう。

 

 本当に結婚したいなら結婚相談所や婚活サイトを利用しょう