結婚できる女性と出来ない女性

同じ婚活に取り組んでいるのに、結婚できる女性と、いつまでたっても結婚できない女性がおります。この両者の差は、どこから出てくるのでしょうか。

昔から、男は度胸、女は愛嬌と言われますが、男性の心を引き付ける女性には共通点があります。

そりや、男性側からすれば、人もうらやむ美人が良いのはいうまでもありませんが、単なる恋人でなく、結婚相手となると、美人でれば全てOKというわけには行きません。

どんな美人でも、年を取れば容姿は衰え、シワが出来、いずれは老婆になってしまいます。

それに、「ブスは3日もすれば諦めるが、美人は3日もすれば飽きる」と言われるように、毎日、顔を合わせていれば、それが当たり前になってきます。

男性は、自分を認めてくれる優しい女性に引かれます。さらに、いつも笑顔で謙虚な女性であればなおさらですし、これに、キレイで可愛い女性であれば、鬼に金棒でしょう。

自分は余りキレイではないので、結婚はムリと諦めることはありません。外観よりも中身で勝負しましょう。

「あなた好みの女になりたい」とは奥村チヨが唄った「恋の奴隷」の一節ですが、えてして女性は、好きな男性ができると、その男性の好みのタイプに変わろうとし、文字通り「恋の奴隷」になろうとします。

しかし、男性の言いなりなったり、好みに合わせたりしようとすればするほど、相手の男性は、うっとおしくなって、その女性を軽くみるようになり、時にはバカして、いずれは、捨てられてしまいかねません。

男性が結婚相手として選ぶ女性は、自分の意見をしっかりと伝えることの出来る女性なのです。

かといって、自分の意見を前面に押し出して主張すると、強情な女とみられて、これまた引かれてしまいます。普段はおっとりしているが芯は強く、自分の意見をしっかりと持っている女性に男性は引き寄せられるのです。

恋人だからといって、それが結婚に繋がるとは限りません。男性にとって遊ぶ女性と結婚する女性とは別なのです。

一般的に、男性が遊ぶ女性に選ぶのは社会的な常識がない人です。男性はルールや上下関係にうるさい社会で生きております。このため、結婚相手となる女性が社会的な常識を持っているか否かは、重要なことなのです。

結婚相談所や婚活サイトを利用したからと言って、絶対に結婚できるとは限りません。確かに出会いの数が多くなるため結婚しやすくはなりますが、結婚できるか否かは、あなた次第なのです。


心に余裕を持とう。