読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然栽培の野菜とは

無農薬野菜とか有機野菜という言葉は聞いたことがあるが、自然栽培の野菜という言葉はあまり聞いたことがありません。

自然栽培の野菜とは、畑を耕さない、除草をしない、肥料も与えない、まして、農薬などは使用しない、すなわち、種を播いたらほったらかしで育てたものなのです。

すなわち、有機農法や無農薬農法よりも自然環境に大きく依存する農法で、それだけ作物の栽培難度は高いのです。

そして、自然栽培の野菜は、農薬や肥料を使わず文字通り自然の力だけで育てているため、多くの収穫量は望めません、このため、価格も高く(約2倍)なります。

しかし、雑草は生え放題、虫に食われ放題という困難を乗り越えて成長した野菜はとても丈夫です。逆に言えば、丈夫な野菜だからこそ、最後まで生き残ることができたと言えます。さらに、色が濃く味はその野菜本来の味がしてとても美味しいのです。

そして、こうして成長した野菜は無農薬、無肥料なので、体に良いだけでなく、畑の土壌を汚染しないことから環境にも優しいのです。さらに、色が濃く味はその野菜本来の味がしてとても美味しいのです。

食材宅配サービスとは