読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体が硬くなるとどうなる?

若い時は、前屈しても指先が悠々と床に着いたのに、段々年を取ってくると体が硬くなり、床に付けるどころか、膝までも届かなくなってしまいます。

 

身体が硬くなると、身体を動かせる範囲が狭くなるため、意識しなくても動ける範囲が小さくなり、それが、筋肉のこわばりを招いて血行不良や代謝機能の低下をもたらす可能性があります。

 

それに合わせて、運動効率が悪くなり、太りやすい体質を導いてしまうという悪循環が起きてしまいます。

 

また、身体の柔軟性が低下することによって様々な筋肉の硬化に繋がります。その一つが側腹部の筋肉です。

 

ここが凝り固まると、腰をしっかり支える力が低下する一因となり、結果的に腰痛を引き起こしてしまいます。

 

実は、筋肉が硬くなる最大の原因はストレスだと言われております。身体的ストレスだけでなく、心理的ストレスも筋肉を硬くする要因となります。

 

これは、逆に、凝り固まった筋肉をほぐすことはリラックス効果があると言うことです。筋肉が硬いままだと、精神的にもストレスがたまってしまいますよ。

 

太陽光発電導入のプラン設計