読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紫外線UVA波による肌へのダメージと対策

UVA波は、シミ、くすみ、黒ずみを作るります。UVA波は、肌の表皮から真皮まで到達し、多くの活性酸素を作り、肌細胞を酸化(錆び)させます。 この活性酸素の刺激を受けて、早い段階(1次黒化:日焼け当日)でメラニン色素が黒くなったり、肌表面にシミや黒ずみ(色素沈着)が見られます(2次黒化:通常日焼けの翌日以降)。 さらにUVA波によって「ケラチノサイト」という肌細胞が刺激され、メラノサイトメラニン色素を作る細胞)にメラニン色素を作らせ、この結果、シミや肌の黒ずみを起こします。 更に、UVA波は、肌弾力を失わせてたるみの原因を作ります。UVA波がもっともダメージを与えるのは、真皮のコラーゲン線維やエラスチン線維などを破壊して、肌の弾力やハリを失わせて、シワやたるみの原因を作るところです。 日焼け止めの「PA」という表示が、UVA波をブロックする効果を表していますので、曇りの日や部屋の中でもUVA波が侵入しそうな場合は、「PA」の+の表示にしたがって、日焼け止めを選びましょう。
チャットを楽しむには